私的逸曲#1<br>「今夜はブギー・バッグ」

「今夜はブギー・バッグ」(1994)

作詞・作曲・編曲/小沢健二、光嶋誠、松本真介、松本洋介

映画『オオカミ少女と黒王子』より

 風邪で学校を休んだ、オレ様王子こと恭也(山崎賢人)の見舞いに行ったヒロイン・エリカ(二階堂ふみ)が、ぎこちなくもかいがいしく世話を焼き、恐らくまだ 誰も見たことがないであろう、恭也の邪気のない寝顔にうっとりする。彼の家のキッチンで雑炊を作るところから、とろけるような甘い気分の帰り道までの幸せな時間に、彼女が口ずさむのは、小沢健二&スチャダラパーの「今夜はブギー・バッグ」(94年)だ。

 エリカの嘘から始まった、恭也に振り回されっぱなしの恋愛ごっこ。何かあれば幼なじみ(門脇麦)を頼ってしまう、奥手な女の子から、この瞬間、歌の魔法にでもかけられたように、グググッと大人っぽさが表出する。どことなく、岡崎京子の漫画の、ファンキーなヒロインを彷彿とさせる横顔。そういえば、この映画の登場人物たちは高校生だが、親や家族の気配がほとんど感じられない。離れて暮らす、のんきな恭也の姉(菜々緒)くらいだ。高校生のリアルに重きを置かず、ひとりの人間としての重さを尊重した、廣木流の演出だろうか?

 そんな作品全体にも通じる、ちょっと背伸びした、眩しい世界にぴったりな、全能感にあふれる「今夜はブギー・バッグ」。この名曲が発表されたのは1994年、「タモリのSuperボキャブラ天国」のエンディング曲にもなった。フリッパーズ・ギター解散後、オザケンがスチャダラとコラボしたというスマッシュな出来事自体に、なんとも無敵な感じがあった。オザケンの能天気な歌い方とスチャダラのゆる〜いラップが生み出す独特のハーモニーは、この後“渋谷系の王子様”としてオザケン(あ、ここにも王子が!)が作り出す、数々のキラキラ・ポップスとはひと味違う、セクシーな湿度があった(「今夜はブギー・バッグ」が収録されたアルバム「LIFE」には、多数のうきうきソングが収録されている)。この曲を聴くと、岡崎京子の『pink』(89)で、深夜ひとりタクシーに乗って、退屈なママと暮らすお家から、ワニと暮らすアバンギャルドな姉・ユミの元へと向かう、小学生のケイコちゃんのワクワクした瞳を思い出す。……っと、エリカにつながった!

『オオカミ少女と黒王子』

監督/廣木隆一

脚本/まなべゆきこ

出演/二階堂ふみ、山崎賢人、鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒

公開/2016年

116分

http://wwws.warnerbros.co.jp/ookamishojo/

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントより、2016年10月5日ブルーレイ&DVD 発売開始

top

#music #cinema

© 2015 by review103.com